平子理沙さんのダイエット方法

平子理沙さん ダイエット 自然体でキレイになる平子理沙さんのダイエット

45歳とはとても見えないキレイな身体を保っている平子理沙さん。美魔女と言われる彼女のダイエット方法を詳しく見ていきましょう。
まず平子理沙さんはいろいろなものに対して自然体です。美しい身体は健康が第一という考えからきついダイエット方法を実践しているのではなく、食べたい時に食べ食欲のない時には食べないという身体の要求に沿った食事や、たくさん食べた時の次の食事は軽くしたり抜いたりと常にプラスマイナスを考えた食事量でバランスを取っています。もちろんカロリー制限などもなしですが、食べるものにはこだわっています。白米の代わりに玄米や雑穀米、白砂糖の代わりに三温糖、甘酒も有機大吟醸の甘酒に有機栽培の生姜を入れたりしています。

 

好きなものはお肉や中華ですが、毎日肉を食べているのは筋肉のためなのです。筋肉を作って代謝を上げると同時に野菜も肉の倍以上たっぷり摂取しています。野菜の酵素は消化を助けて代謝を上げ余分な脂肪やコレステロールを排出したり血糖値の上昇を抑える働きも持っています。また酵素の豊かなパイナップルジュースを飲むことで肉の消化を助けています。肉を食べたらパイナップルジュースを飲むという習慣は5年以上続けていて、酵素ジュースも毎日朝晩欠かさず飲んでいます。また水に凝っていて温泉水と炭酸水は血行を良くする効果のある炭酸水がお気に入りです。

 

身体の代謝を下げないために平子理沙さんは身体を温めるものを摂っています。生野菜のサラダより温野菜、夏野菜より根菜などの冬野菜、身体を冷やすカフェインの多いコーヒー、緑茶や甘い清涼飲料などの冷たいものは避けて夏でも温かい飲み物、シチューやポトフなど温かい食事を心掛けています。デザートもアイスなどの冷菓は避け、黒砂糖やはちみつなど身体に優しい甘みにしています。
生姜やにんにく、ねぎ、キムチや豆腐、納豆などの発酵食品を積極的に食生活に取り入れていて、最近は抗酸化作用があって熱に強いココナッツオイルがお気に入りで炒め物などに使っているそうです。

 

平子理沙さんは運動は苦手なのでスポーツで鍛えることはせず、日常的にショッピングで歩いたり移動する時はなるだけ歩くという誰にでも取り入れやすい普段の運動を生かした生活をしているそうですが、常に良い姿勢を意識しています。正しい姿勢は骨盤矯正になり、内臓の位置が上がって内臓脂肪や皮下脂肪が付きにくくなるといわれていて、体幹が鍛えられるとお腹のぶよぶよもなくなります。平子理沙さんは毎日鏡で全身をチェックしているそうです。

 

平子理沙さんはどんなに夜遅くなっても湯船に浸かる入浴は欠かさず、その入浴も基礎代謝を上げるための手段にしています。42度のお湯に10分間浸かるというヒートショックプロテイン入浴法で体温を上げて運動したのと同じ効果をあげているのです。ヒートショックプロテイン入浴法は代謝だけでなく免疫力もアップさせ肌つやが良くなるという大変効果的な入浴法なのですが、身体の負担も大きいので自分の体調に合わせて調整する必要があります。

 

平子理沙さんはスキンケアでも自然体です。お風呂ではオリーブオイルを身体全体に塗り、お風呂上りのケアはクリームやオイルを馴染ませるだけでスクラブやフェイスマッサージなど刺激を与えるものは控えています。また身に付けたりするものや寝具にはシルクを使って摩擦による刺激も避けています。
平子理沙さんのダイエット方法は、どれも無理がなく誰にでもできる健康法に近いものです。身体を温めて酵素を取り入れて代謝を良くすることは健康な身体づくりの基本です。平子理沙さんは昔から伝えられている健康法にも通じる方法で身体を整えることで、無理なダイエットをせずに自然で美しい身体を手に入れられるのを証明してくれています。